サッカー史上最高のDFとしてACミランを支えたバレージ

バレージ

サッカーの歴史において史上最高のDFを決めようとすると数々の名選手の名前が挙がりますが、必ずそのリストに含まれるのがACミランで活躍したフランコ・バレージです。

ユースチームの頃からミランに所属しており、1977年から1997年まで20年間にわたってクラブの守備を担ってきました。当時のチームは新監督が導入したプレッシングサッカーで覇権を争っており、ディフェンダーにはディフェンスラインを高く保ち相手選手をオフサイドトラップにかけることが求められていました。

そのオフサイドトラップの名手だったのがバレージです。「バレージが手を挙げれば副審も旗を挙げる」と言われたほどで、審判団も信頼するほどディフェンスラインのを挙げるタイミングに自信を持っていました。

また、弟は最大のライバルクラブであるインテルのキャプテンを務めていました。ミラノダービーではともに両チームのキャプテンを担う兄弟対決となり、大いに盛り上がったのです。

バルセロナFCのDF ロナルド・クーマン

ロナルド・クーマン

サッカーファンの間で、バルセロナでDFとしてプレーしていたロナルド・クーマンの名を覚えているという人はとても多いのではないでしょうか。

ロナルド・クーマンはバルセロナに1989年から1995年に在籍し、活躍していた選手です。彼の持ち味といえば、正確かつ強烈なキックです。特に、フリーキックの名手としてその名を轟かせました。

中でも彼のフリーキックのハイライトとして、チャンピオンズリーグの決勝戦の延長戦で決めた直接フリーキックは、今や伝説となっています。守備力もさることながら正確なキックを武器に21得点を挙げたシーズンもあるほどの、ヨーロッパを代表するほどのリベロであった彼は、クラブチーム、またはオランダ代表にとってなくてはならない存在でした。

サッカーを語るうえで特にフリーキックの話題になったときには、きっと彼の名前を耳にするであろうと思います。精度、威力共に抜群のフリーキックは、見る者を魅了していました。

サッカーでブックメーカーに賭ける

ブックメーカー

世界で大流行中のブックメーカー。欧州や南米のサッカーに賭けられるのは当然ですが、日本のJリーグにもオッズがあるので賭けることができます。

サッカーくじtotoでも勝敗予想をして楽しむことはできますが、残念なことに控除率が悪すぎます。日本は、世界と比較して、全体的に控除率が悪すぎます。ブックメーカーならば、控除率が約7%前後なので、スポーツくじに比べて勝ちやすくなっています。

日本ではブックメーカーのシェアがまだ低いので、やっている人は少ないです。教えて貰える人がいない場合は「サッカーに賭けて儲ける – ブックメーカー」を読んでみてください。
参考:http://www.soccerdemouke.net/

ブックメーカーで遊びながらサッカー観戦をすると、今までよりも面白くなります。登録方法や賭け方は、とても簡単です。