サッカークラブ、チェルシーの黄金期を支えたGKであるペトル・チェフ

ペトル・チェフ

ペトル・チェフは、サッカーの中堅国であるチェコに生まれながらワールドクラスのGKになった選手です。フランスで頭角を現し、イングランドのチェルシーに移籍してから完全に才能が開花しました。

また、ペトル・チェフはサッカー選手としてだけでなく生命の危機に瀕するほどの負傷をしたことがあります。2006年の試合中に、相手選手と激しく衝突して頭蓋骨陥没骨折という大けがを負ってしまったのです。サッカー選手として復帰することは困難と言われたこともありましたが、驚異的な回復力で負傷からわずか3ヶ月後には試合に出場できるまでに回復したのです。

それ以降、常にラグビー用のヘッドギアを着用して試合に臨んでいます。このヘッドギアはチェフのトレードマークになり、赤色をチームカラーとするアーセナルに移籍した際には赤いヘッドギアが用意されました。ペトル・チェフは、生命の危機に立たされるほどの怪我から復活した偉大なGKなのです。