実力のあるサッカー選手ほど選手寿命が短くなる

サッカー少年

世間ではサッカー選手は選手寿命が短いというイメージが浸透しているかもしれませんが、実力のある選手ほどその傾向が強いのかもしれません。まず世界的にも有名なサッカー選手は、自分が所属するクラブがあるプロリーグでの戦いを、毎回のように戦わなくてはなりません。レギュラークラスの選手だとシーズンで30試合以上戦わなければならず、ここにカップ戦の試合がいくつも組み込まれると、相当大変なのは間違いありません。

ちなみにカップ戦は最初のうちは控え選手中心の試合が多いですが、トーナメントを勝ち進んでいくと強い相手との試合が続いていくため、結果的にレギュラーの選手も出さざるを得なくなる状況になるのです。

実力のあるレギュラークラスの選手は、ここにさらに代表戦が加わります。国際親善試合や主要大会の予選などのたびに帰国しなければならないため、その分飛行機での長距離移動まで行わなければならないのです。これではただでさえ短い選手寿命が、蓄積する疲労のせいでさらに短くなる理由も頷けるでしょう。早急な対策は間違いなく必要です。