往年のサッカーイングランド代表DFボビームーア

ボビームーア

100年を超えるサッカーの歴史の中で実力だけでなく人間性にも優れていると、現在でも語り継がれている選手というのは多く存在します。

その人間性の優れている選手の象徴として現在では当たり前につけているキャプテンマークの意味を押し上げたのが、本場イングランドの往年の名プレイヤーボビームーア選手です。イングランドの往年の名プレイヤーボビームーア選手はバーキング出身のウェストハムでポジションは守備の専門DFを担当しています。

この選手の特徴は展開を読む力による先読みのディフェンス能力と遠くに蹴ったボールを正確に自分のチームの選手に渡せるフィード力に優れている選手であり実力も確かにあったのです。

このボビームーアが現在でもサッカーの往年の名プレイヤーとして数えられているのは、そのチームの象徴であるキャプテンマークをチームの象徴として昇華させたことにあります。

この選手はピッチ内外での振る舞いが紳士であり、自国だけでなく他国の選手からも尊敬に扱われています。なにより犯罪に巻き込まれた後も再び代表に返り咲いたのも紳士であることの証拠であり、キャプテンマークを長年歴代1位でい続けことも語り継がれる証拠なのです。