サッカーの名GKであるオランダ出身のエトヴィン・ファン・デル・サール

エトヴィン・ファン・デル・サール

エトヴィン・ファン・デル・サールはオランダ出身の元サッカー選手です。現役時代はGKを務め、長く代表の守護神としてゴールを守り、世界屈指の名GKとして名を馳せました。

ファン・デル・サールが世界屈指の守護神と呼ばれた理由は、長身を生かしたセービング力の高さと元フィールドプレーヤーであることを生かした足元の精度にあり、GKながら多くのゴールをアシストしたことでも知られています。

オランダの名門サッカークラブであるアヤックスでキャリアをスタートさせたファン・デル・サールは、そのクラブで瞬く間に名手としての名声を高め、イタリアのクラブなどを経た後、イングランドの名門サッカークラブであるマンチェスター・ユナイテッドに移籍しました。

アヤックスですでに欧州チャンピオンズリーグを制していたファン・デル・サールはマンチェスター・ユナイテッドでも同様に欧州チャンピオンズリーグを制し、名実ともに世界最高の守護神として名を高めました。また2011年に現役を引退した後、2016年に一試合限りで現役復帰し、PKを止めるなど、引退後も話題を振りまく選手となっています。