選手生命の短いサッカー選手の年収と運営への道

サッカー

サッカーのように肉体に大きな負担のかかる激しいスポーツは選手寿命が短いとされています。 サッカー選手の一般的な選手寿命は平均すると3~5年となっていますが、選手として長くプレイし続けることが出来るのは一握りで、中にはプロチームに入団してから2~3年で解雇されるサッカー選手も少なくありません。 解雇の理由は成績だけではなく度重なる怪我などですが、自ら限界を感じて早いうちに引退する選手も珍しくありません。

生涯年収は平均すると2000万円を超えますが、トッププレーヤーを除いた場合、レギュラークラスで1000万円~5000万円程度、新人の場合は480万円程度となっており、さらに下部リーグは年収に上限があるため、もっと低くなるといえます。 こうしたことから考えるとサッカー選手はプロとして活躍できるピークを過ぎた後のキャリアの方が長いため、次の道を考えておくことが重要となってきます。 またチームを運営している企業によっては、セカンドキャリアとして運営への道が用意されていることもあるのです。